WP コメント欄をカスタマイズしよう!

デフォルトで設定されているコメント欄のカスタマイズ方法をご紹介します!

コメントフォームのカスタマイズ

コメントフォームの「名前」「メールアドレス」「ウェブサイト」の削除方法

以下CSSをスタイルシートに貼り付けて使用ください。

.comment-form-author{display:none;}/* 「名前」を非表示 */
.comment-notes,.comment-form-email{display:none;}/* 「メールアドレス」を非表示 */
.comment-form-url{display:none;}/* 「ウェブサイト」を非表示 */

※上記を削除した場合、コメント入力時に送信ボタンを押すと、名前やメールアドレスの入力を求める警告文が表示されることがあります。この場合は、WP管理画面から「設定」→「ディスカッション」にある「名前とメールアドレスの入力を必須にする」のチェックを外してください。

コメントフォーム下部に記載されている「使用タグ」の非表示方法

以下CSSをスタイルシートに貼り付けて使用ください。

.form-allowed-tags{
display: none; /* 「使用タグ」を非表示 */
}

コメント欄へのHTML入力を禁止にする方法

function.phpを修正しよう!

デフォルトテーマ内にある functions.php を開きます。
次に、以下コードをfunctions.phpに追記します。

function html_to_text($comment_content) {
if ( get_comment_type() == ‘comment’ ) {
$comment_content = htmlspecialchars($comment_content, ENT_QUOTES);
}
return $comment_content;
}
add_filter(‘comment_text’, ‘html_to_text’, 9);

これで完了です。
※PHPにあまり詳しくない方は、必ずバックアップを取りましょう!

コメント欄の英語表記を日本語に修正しよう!

comment-template.phpを修正しよう!

WPの設定で日本に設定しているのに、コメント欄の送信ボタンやコメント件数の文字が英語の時があります。
そんな時は、comment-template.phpを修正しよう!
編集場所は→ wp-includes → comment-template.php
管理画面からはアクセスできないので、まずはwp-includesをフォルダごとローカルにダウンロードし、編集後アップロードしてください。
comment-template.phpを開いたら、変更した英語表記の文字をF検索し、変えたい文字に変更します。テーマ内にある「comments.php」に記載されている場合もある。
※PHPにあまり詳しくない方は、必ずバックアップを取りましょう!

固定ページコメント欄を丸ごと削除

function.phpを修正しよう!

function.php内のコード comments_open の 次に出てくる「 } 」の後に以下のコードをコピペするだけでOK!

/** 固定ページコメント欄 */
function close_page_comment( $open, $post_id ) {
$post = get_post( $post_id );
if ( $post && $post->post_type == ‘page’ ) {
return false;
}
return $open;
}
add_filter( ‘comments_open’, ‘close_page_comment’, 10, 2 );
/** 固定ページコメント欄 */

※PHPにあまり詳しくない方は、必ずバックアップを取りましょう!

WP 固定ページの一覧ページを作ろう!

固定ページのみの一覧ページを作りたいけど、手動で作るのは大変。。
そんな時は「Child Pages Shortcode」を使おう!このプラグインは、固定ページの子ページを一覧表示できるとても便利なプラグインです。
まずはWP内でChild Pages Shortcodeを検索しインストールしよう!

Child Pages Shortcodeの使い方

インストールが完了したら、まとめたい固定ページを一つの親固定ページに紐づけ、その親固定ページ内に以下の記述をします。
※[]は半角に修正して使用ください。
[child_pages]
この専用のショートコードを入れるだけで、固定ページの子ページを一覧表示できます。
その他の専用のショートコードは以下の通りです。

横幅25%指定

[child_pages width=”25%”]

任意のサムネイル画像を指定

[child_pages size=”thumbnail”]

抜粋表示OFF

[child_pages disabled_excerpt_filters=1]

ショートコードのパラメーター

id 出力したい子ページをID指定できます。
width 出力した子ページの横幅を指定できます。デフォルトでは50%です。
size サムネイル画像のサイズ名称を指定するコードです。デフォルトでは「thumbnail」になります。
他に「large」「medium」「post-thumbnail」があります。
disabled_excerpt_filters 抜粋のフィルターを無効化にするショートコードです。(負荷低減になる)

デフォルトHTMLとcssを修正しよう!

Child Pages Shortcodeで子ページの一覧を表示できたら、プラグインの格納先にhtmlとcssが編集できるようになっています。

WP TOP記事の文字数を調整するプラグイン

ワードプレスのindexに表示される記事の文字数を自分好みに調整しよう!

WP Multibyte Patch

ワードプレスで使用するプラグインの中に「WP Multibyte Patch」というものがあります。
このプラグインは、記事の文字数を調整できるとても便利なプラグインです。まずはWP内でWP Multibyte Patchを検索しインストールしよう!

プラグインをインストールしたら以下、記述をF検索で探し、自分好みにカスタマイズしよう!
→ ’excerpt_mblength’ => 文字数値,